脳機能とリハビリテーション研究会2017年研修会

研修会ポスター(PDF)はこちら

研修会講義抄録(PDF)はこちら

研修会講義抄録を公開しました

PT協会専門理学療法士制度ポイント認定研修会に承認されました

脳リハ研2017年研修会

本年も下記の通り、会員を対象とした研修会を開催致します。これまでご好評を頂いておりました脳画像読解法のためのワークショップを、昨年に引き続き本年も2日間で開催致します。プログラムは、MRI・CT読影のための基礎知識の講義や実技、グループワークを行います。グループワークでは、各グループに経験豊富な指導者を配し、具体的な画像読影手順をお伝えします。
「脳画像の見方がわからない」「臨床の活用方法を知りたい」といった初心者の方でも充分に理解を深められるプログラムにしております。臨床での評価、スタッフや学生の指導の際にも役立つプログラムとなっております。この機会に是非ともご参加賜りますようご案内申し上げます。

テーマMRI・CT脳画像の特徴と読影法 ~画像から臨床所見の推定に迫る~
日 時: 2017年11月25・26日(土・日)(受付 両日ともに9:40~)
会 場:茨城県立医療大学 福利厚生棟 http://www.ipu.ac.jp/ (駐車場利用可)
定 員: 50名(受講は本研究会員に限ります。定員になり次第締め切らせて頂きます)
※原則会員限定ですが、非会員の方で参加ご希望の場合は当日に入会手続きをして頂ければ会員として受講可能です。(この場合、別途で年会費4,000円を当日に徴収致します)
参加費:5,000円(2日間の受講料。1日参加も可能ですが、割引は致しません)
内 容
<初日>:11月25日(土)受付9:40~
【講義】
1.脳画像読影のための基礎  10:10~12:00
1)MRI・CT脳画像読影の基礎知識
講師 迫 力太郎(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 理学療法士)
2)皮質一次領域の障害における脳画像の見方と神経学的所見
講師 山本 哲(茨城県立医療大学 保健医療学部理学療法学科 助教)
2.脳画像読影の応用 13:00~16:15
1)脳MRI画像の種類と損傷部位の同定~診療放射線技師の視点から~
講師 本寺哲一(昭和大学藤が丘病院 診療放射線技師)
2)各脳領域における神経心理学的症候と脳画像との関係
講師 高杉 潤(千葉県立保健医療大学 リハビリテーション学科 講師)
3.グループワークの進め方 16:30~17:00
講師 小笹佳史(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 係長 理学療法士)

<2日目>:11月26日(日)受付 9:40~
【グループワーク】
1.MRI・CT読影の実践Ⅰ  10:00~12:00
1)画像全体像の把握と損傷部位の同定
2)症例画像読影法のレクチャー
2. MRI・CT読影の実践Ⅱ  13:00~14:45
1)部位と臨床徴候との関連性の検討
2)グループ発表の準備
3.グループ発表およびケース臨床徴候の解説 15:00~17:30※初心者の方も大歓迎!基礎的な講義と十分な資料を準備しております。
※臨床での評価、スタッフや学生の指導の際にも役立つ情報をお伝えします。
※グループワークでは、症例の脳画像から損傷部位の同定と臨床徴候を推定する作業を行い、発表します。
※各グループには経験豊富な指導者を配置し、適宜、助言や指導を行い、最後に症例の解説をします。

◆参加申込み方法◆

・専用の参加申込フォーム(下記URL)からお申し込みください。
https://goo.gl/forms/xe0Pxo1POI28fpbn2
申込み締切:2017年11月15日(水) 申込受付は終了しました。
※お申込み後、3日以上経っても参加登録の採否の返信がない場合は、研修会事務局にお問合せ下さい。
<本研修会に関するお問い合わせ先>
研修会事務局
担当 迫 力太郎(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)
kenshukai@noukinou.main.jp

※昼食(お弁当とお茶 1食分別途1000円)の注文も受付けております。会場近隣には食事のできるお店やコンビニがございません。お弁当をご注文されるか、持参されることをお勧めします。
※自家用車での来場の際は、学内の駐車場(無料)を利用できます。

他団体の履修ポイントについて
・日本理学療法士協会の認定ポイントは、現在申請中ですので、決定次第、ホームページ等でお知らせします。
PT協会専門理学療法士制度ポイント認定研修会に承認されました。詳細はブログへ
・日本理学療法士協会、日本作業療法士協会の履修ポイント振替の申請方法、Q&Aは、本研究会ホームページをご参考ください。