第24回脳リハ研学術集会のご報告(第1報)

第24回脳リハ研学術集会 成功裏に閉会! 一般演題優秀発表賞決まる!

2017年8月20日に開催されました第24回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会は、多数のご来場者を迎え、盛会のうちに閉会いたしました。ご参加頂きました皆様、ご協力頂きました関係者の方々に心より御礼申し上げます。

教育講演、シンポジウム、イブニングセミナー、一般演題はいずれも興味深い内容ばかりで、とても充実したプログラムとなりました。一般演題のポスターセッションでは大勢の聴講者で賑わい、活発なディスカッションが行われました。口述セッションでは厳選なる審査の上、下記の2演題が優秀発表賞に選ばれました。おめでとうございました。

第24回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 一般演題優秀発表賞
臨床研究部門
山本竜也 氏(つくば国際大学 医療保健学部 理学療法学科)
「余剰幻肢の感覚受容野に対する評価」

基礎研究部門
田中貴士 氏(大阪大学大学院 医学系研究科 分子神経科学)
「能動的運動による脳損傷後の機能回復メカニズム」

学術集会の詳細はブログにてご報告いたします
http://noukinou.exblog.jp/25401452/

第24回脳リハ研学術集会 開催のご案内(第17弾)

学術集会開催まであと1日! 通常事前参加申込みを締切りました!

通常事前参加申込みを締切りました。当日参加受付の窓口も設ける予定ではございますが、会場規模の都合により、事前参加登録者を優先にご案内させて頂きます。予めご了承ください。
学術集会当日は、受付にて簡易版のプログラムを配布いたします。一般演題の抄録が必要な場合は、ホームページよりダウンロードしてご持参ください(プログラム・抄録はこちら)

参加される皆様、演者の方々も、当日は軽装でお越しください(ポロシャツ・半ズボンなど可)。スタッフもクールビズにてご対応させていただきます。
有意義な学術集会になりますよう、スタッフ一同、万全の準備で皆様のお越しをお待ちしております。

第24回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会

第24回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会
テーマ 臨床問題から拡がる多職種ネットワーク
と き 2017年8月20日(日)
会 場 千葉県立保健医療大学 幕張キャンパス

第24回学術集会の詳細・プログラムはこちら
http://noukinou.main.jp/24g/

第23回脳リハ研学術集会 大会長総括

学術集会の総括について
学術集会は無事終了することができました。今回は発表演題総数33題のなかで臨床研究が22題と2/3を占め、これまでで最も多い数でした。これは“リハの臨床に科学の視点を”とする本研究会の目標が着実に広がりつつあることを示していると思います。臨床研究はリハの臨床の科学性に直接繋がるものであり、本研究会では力を入れてきた研究領域です。今後もさらに多くの研究演題が集うことを期待するものです。

一方、基礎研究はリハの臨床が社会的に認知されるためには欠くことのできない研究領域です。本研究会におけるこの領域の研究内容は毎年高度化しています。今回はリハ治療開発に向けた積極的な試みや、機能回復の神経学的背景の検証などリハの科学性に貢献するものが多くありました。

本研究会は、基礎研究と臨床研究の二つを柱として今後も継続するとともに、両者の橋渡し研究の推進を図る予定です。教育講演と教育セミナーこれまでと同様に企画されました。これらは、脳科学の視点から臨床や研究に臨もうとする方々にとって有意義なものであったと思います。
本研究会がリハビリテーションの発展に寄与できるよう今後も鋭意努力を重ねてゆく所存です。

第23回脳機能とリハビリテーション学術集会大会長
茨城県立医療大学 沼田憲治

第23回脳リハ研学術集会 一般演題・優秀発表賞決まる!

第23回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会の一般演題では、厳選なる審査の上、下記の2演題が優秀発表賞に選ばれました。受賞されました2名の発表者には、賞状と副賞が贈られました。おめでとうございました。

第23回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 一般演題優秀発表賞
臨床研究部門
揚戸 薫 氏(千葉県千葉リハビリテーションセンター 高次脳機能障害支援センター)
「高次脳機能障害を呈した主婦に対する訪問型家事支援の実践例」

基礎研究部門
中西 徹 氏(大阪大学大学院 医学系研究科 分子神経科学)
「脊髄損傷後の代償性神経回路形成におけるリハビリテーションの役割」

第23回脳リハ研学術集会 成功裏に終了

2016年4月24日に開催されました第23回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会は成功裏に終了しました。
各講演、一般演題も大変興味深くとても有意義な1日となりました。ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。
学術集会の様子はブログにてご報告致しますのでご覧ください。